【クラクラ】クランの未来はU8にあり!しゃにむにの新たな試み


低TH帯の活躍の場を増やしてあげたい。新しい企画を考えたい。将来有望なプレイヤーを見つけて育てたい。そんなクランのリーダー・サブリーダーの方々に向けての記事です。

こんにちは!この度新たにしゃにむにのサブリーダーを拝命しました、たくやといいます。
しゃにむにでは低TH帯のメンバーにスポットを当てる新しい試み、「U8戦(ゆーはちせん)」を始めることにしました。

スポンサードリンク

U8戦とは?

しゃにむににはTH9以上のガチ対戦の「本部」と、育成中のTH9とTH8以下のメンバーの学び舎、「育成部」という2つのmixクランがあります。
mixクランのクラン戦で勝つためには、TH8以下の低TH帯は「上位が攻撃場所を決めるために早めに攻めなければならない」「上位と比較して、攻守共に勝敗への影響が小さい」という宿命があります。しゃにむに育成部でもこれは同様です。
そこでサブリーダーのあぽろさんのアイデアを元に「U8戦」を開催することになりました。

U8とは「Under 8」のことで、TH8以下で構成されたメンバーで行うクラン戦です。
主な目的:
・上位の方が味わうドキドキ感を体験しよう!
・自分の役割を理解しよう!
・クラン戦をより楽しもう!

上位の方が味わうドキドキ感を体験しよう!

TH8以下のメンバーのクラン戦においての役割は、相手のTH8以下から全壊すること、手が余ったら上位に対して偵察すること。活躍次第で勝利を左右することがあります。
上位の方は戦況を見て下を埋めるべきか上から☆2を取るべきか判断し、その結果が直接勝敗を分けます。
どちらも勝敗に関わることに変わりはないですが、大きく違うのは1回の攻撃の責任の重さです。
育成部のTH8以下のメンバーは比較的多く、集団に混ざっていれば誰かが埋めてくれるという安心感があります。上位の方が担う責任をTH8が担うことで1回の攻撃の重さを感じ、ドキドキしてもらおう、普段感じることのない緊張感を楽しんでもらおうというのが今回のイベント戦の大きな目的です。
普段そこまで深くは考えない戦況を見て動くことや、感じることのない責任が伴うことで、今後のクラン戦での立ち回りも変わってくるのではないでしょうか?

自分の役割を理解しよう!

自信がないから格下を狙う、もしくは格上だけどいけそうだと無謀な攻めをしているメンバーはいませんか?
クラン戦には明確ではないものの、役割が存在します。
「格下を狙う」なら、そこなら落とせるという下の人の1手を奪うことになります。「無謀な攻め」は上の人の大事な1手を失う可能性があります。
クラン戦は単純な話、1人1つ全壊を取れば必ず勝てる仕組みです。いつも「どこを攻めればいいですか?」と聞いてくるメンバーよりも、自分の1手をどこに使うべきか、自分の役割を理解し、自身で判断できるメンバーになってもらいたいですよね。

スポンサードリンク

クラン戦をより楽しもう!

クラン戦はクラクラの醍醐味の1つ。「クラン戦が楽しい=クラクラを続ける」に繋がるのではないでしょうか。
mix戦ではマッチングによって同じTH帯がいないということもあり得ます。そういうマッチングばかりでは始めて間もないTH7以下の方には楽しむ要素が少ないですよね。そこでTH9以上をなくすことで、低TH帯でも同じTHがぶつかるようにして全壊する楽しみ、防衛する楽しみをまずは味わってもらいたいんです。
クラン戦は楽しいものなんだという認識は、結果mix戦の時の下位の埋まり具合に影響すると考えています。

[今回の対戦で設けたルール]

①攻めの援軍は普段通りなんでも貰える
②可能な人は2回の攻撃ごとに編成を変える
③1手目は同番を攻める


当初TH8までで送れる援軍にしようという案が出ていましたが、TH8ではヘイストが作れないため、空攻めが得意な方の活躍を奪ってしまうということと、色々な攻めから真似できそうな新しい戦術を発見してほしいため。1番はガチでやることよりも、あくまで楽しむことが目的のため、なんでもありとしました。


これは強制にはしません。上手くなりたいという向上心のある方はやってくれると思います。リーダー・サブリーダーの方は今後の育成面での1つの目安にしてはいかがでしょうか。


(攻撃が遅くて既に全壊されていても構わないので)必ず1手目を同番にする。普段好きなところを攻めてもいいルールの場合、得意な配置を得意な戦術を攻めてしまいがちです。同番に縛ることで配置に応じた編成を考える練習になります。
また、全壊できなかったら上の人が2手目に埋めるなどして、連携を図れるようにします。

その他、攻守のMVPを選出して称えたり、クラン内をTH8以下のみにして緊張緩和を図るなど、そのクラン内でルールを変えてみるのも良いと思います。
重要なのはルールがユルいということ!
縛るのではなく自然とやる気にさせるようなルールを考えてあげてください。

最後に

TH9以上になるとクラクラのベテランになってきます。そこで忘れないでほしいのが初めてクラン戦に参加した時の気持ちです。
1人でプレイしていたところから初めて知らない人たちに自分のプレイを見られるんです。緊張しましたよね。
低TH帯の方はベテランの方が思ってる以上にドキドキしながら攻めるんです。なかなか攻めの1歩を踏み出せない人もいます。
そういう方の気持ちを汲んで接してあげてください。全壊を取ったらみんなで「ナイス全壊!」「ナイ更(さら)!」と声をかけてあげてください。楽しくなければ続きません。U8戦にはクラクラを始めて間もないプレイヤーの方に定着してほしいという意図もあり、この記事を書かせていただきました。
皆さまのクランが初心者ユーザーにとって楽しくて居心地のよいクランであることを願っています。その為に少しでも参考になれば幸いです。

参加者募集中!

しゃにむにではU8戦の参加者を募集しています。
参加してみたいTH8、TH7の方はコメント欄に書き込んでいただくか、リーダーのフィクサさんのTwitterアカウントにDMを送ってください。よろしくお願いしますm(__)m


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

再訪の際は「クラクラnavi」で検索!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。