【クラクラ】今トレンドのTH9全壊戦術とは? ~2017年12月版~


しゃにむにリーダーのフィクサです。
2017年のネタは2017年のうちにということで大晦日(ギリギリ)の更新となります。

2017年12月10日に開催された、TH9★CELESTIALのリーダー777さん主催のインドネシア戦に参加させていただきました。
TH9 50vs50のonly戦ルール。TH9 onlyクランから(mixクランからは私を含め少数派)精鋭達が集まりました。

対戦の結果は137-144で日本チームの敗北でした。インドネシア強かったです。
普段援軍ボウラーを使うmixクランでの攻めばかりの私は無残に2コケ、防衛は早々に初見全壊されるという噴飯ものの結果で足を引っ張りましたが、上手いプレイヤーのonly戦の攻めはとても勉強になりました。
色々なクランの方々との出会いもあり、とても楽しいイベントでした。企画運営された777さんに改めて感謝いたします。

私は以前参加させていただいた第二世代Youtuberイベントと同様に、このイベントでの攻めを集計して現環境でのTH9全壊戦術のトレンドについて調べてみました。

スポンサードリンク

81の全壊に使われた戦術を分析

今回のイベントでは両チーム合計81の全壊が出ました。(日本37回、インドネシア44回)
どの戦術で全壊したのか、その種類と回数を集計しました。
戦術のランキングに行く前に陸攻めと空攻めの比率を見てみましょう。

全体では陸攻め48回、空攻め33回で、6割陸、4割空という結果でした。(ハイブリッドは空に計上しています)
少し陸攻めが多い印象でした。
次にゴレ系とクイヒー系、スーサイド系など、入りの型の比率を見てみます。

ゴレ系37回、クイヒー系32回、スーサイド系10回、その他2回(ペカヒー1回、ネタ攻め1回)
という結果。
やはりゴレ系とクイヒー系で人気を二分していますが、最近はスーサイド系が流行ってきている印象があります。

ではいよいよランキングを発表します。

1位 クイヒーラバル 18回(22%)
2位 ゴレホグ 12回(15%)
3位 Gowiwi 9回(11%)
4位 スーサイドラバル 7回(9%)
5位 ハイブリッド 5回(6%)
6位 クイヒーGowiwi 4回(5%)
6位 ネクヒー 4回(5%)
8位 Gowipe裏ホグ 3回(4%)
8位 重ゴレ 3回(4%)
8位 クイヒーバルキリー 3回(4%)
8位 クイヒーホグ 3回(4%)

以下2回ずつ
スーサイドドラバル、クイヒーネクヒー、クイヒーゴレホグ
以下1回
Gowiva、ペカヒーホグ、バニラ式

上位にランクインした攻め4つとそれぞれの印象

1位 クイヒーラバル

前回も1位だったクイヒーとラヴァバルーンを組み合わせた空の鉄板戦術ですが、少し変化が見られます。
前回の集計ではほとんどラヴァ3だったのですが、今回は18回のうち半分の9回がラヴァ2でした。クイヒーをwbで壁開けしながらかなり中まで切り込み、多めのバルーンで一気に残りの施設を破壊する戦術です。
特筆すべきは初見全壊の多さ。18回の全壊のうち初見が12回(67%)と高い数値でした。これはこの戦術が初見に向いているからなのか、初見で全壊を取れる上手いプレイヤーがこの戦術を選んでいるからなのかは計り知れませんが、引き続き空攻めでは現環境で最強の全壊戦術であることに疑いはありません。

↓TH9★CELESTIALのymさんによるクイヒーラバルの紹介動画はこちら

↓CROSS 9のSTEPさんによるクイヒーラバルの紹介動画はこちら

2位 ゴレホグ

前回同様陸で最も使われた戦術。ゴレ3が最も多かったですが、
今回は12回中4回の攻めがゴレにヒーラーを付ける編成でした。ゴレ2のうちの1体のゴレにヒーラーを3~4体付け、ゴレを延命してゴレウィズパートを伸ばしていました。初見と非初見の割合は丁度半分の50%でした。

3位 Gowiwi

ゴレウィズの後ろからネクロを出すこの戦術。実は日本のメンバーで使われて全壊したのは1回のみ。インドネシア勢が多用し、9の全壊のうち実に8回がインドネシアのメンバーによるものでした。脳筋戦術などと敬遠されがちですが、現環境では完全に強編成です。ゴレ3~4、ネクロ8~11、ジャンプ3~4が多く、クエイク4や8などもありました。
初見全壊が3回(33%)、非初見全壊が6回(67%)で非初見向きといった印象。防衛援軍や罠が暴かれてから真価を発揮する戦術なのかもしれません。

4位 スーサイドラバル

こちらもインドネシア勢が多用した戦術。7の全壊のうち6回がインドネシアの攻め。こちらも脳筋、ゴリ押し戦術と言われているのをTwitterでよく見かけます。内訳はラヴァ3のトリラヴァが3回、ラヴァ4のテトララヴァが4回使われ、バルーンは21~26とかなり多めになっています。
初見全壊の割合は43%と同じ空攻めのクイヒーラバルより低くなっており、これはこの戦術が相手の防衛援軍がわからないと攻めにくいことから出た結果かもしれません。

以上、上位に挙がった強い戦術を習得し、同じ戦術でも配置に応じてユニット数や呪文を微調整できるようになると全壊率が上がるかもしれませんね!

2018年も当ブログをよろしくお願いしますm(__)m


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

再訪の際は「クラクラnavi」で検索!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。