【クラクラ】チーム力を最大限に引き出す!クラン戦での役割分担とは?


しゃにむにリーダーのフィクサです。
みなさんのクランでは作戦を立ててクラン戦にのぞんでいますか?

ガチクランでは指揮官役が攻める村を細かく指示を出すクラン、また細かく指示はしないけど、大まかなルールに従って攻めていくクランがあると思いますが、ゆる系カジュアルクランではあまりルールを決めずに自由に各々の判断で攻めているクランが多いのではないでしょうか。

我々しゃにむにも普段のクラン戦では終盤戦までは細かな指示はせず、各々の判断で自由に攻めています。

そんな我々が唯一参加しているガチイベントが毎月15日開催の「ガイハジ祭り」(TH9部門)。

「ガイハジ祭り」の紹介記事はこちら↓

【クラクラ】ガイハジ祭りの死闘
しゃにむにリーダーのフィクサです。 クラクラ界隈を賑わすガイハジ祭りというイベントをご存知ですか? 気軽に参加できるので、是...

今回もしゃにむには日本クランとのマッチングに成功し、「ロン熊とゆかいな仲間たち」さんとの壮絶な戦いに辛くも勝利しました。怒涛の攻めに耐え、堅い配置をなんとか攻略。ギリギリの熱い戦いでした。「ロン熊とゆかいな仲間たち」さん対戦ありがとうございました!

この勝利には、2つの大きな要因があります。
1つはしゃにむにの若き配置職人、勇者オワタのゴレホグ対策陣がなんと計8回の防衛に成功して相手のパーフェクトを阻止したこと。
もう1つは今回の戦いで実験的に行った「ある試み」が機能してパーフェクトを取れたことが大きかったのです。
前置きが長くなりましたが、今回はその「試み」について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

役割分担を明確にしてみた

普段はそこまでガチガチなクラン戦ルールを設けていないのですが、せっかく月1回参加しているガチイベントですから、絶対に負けたくないという強い思いがあります。
今回勝つために「役割分担」を明確に定め、そのルールに従って戦うことにしました。

10人の参加メンバーを次の3つの班に分けました。

  • 突撃班
  • 全壊班
  • 遊撃班

です。
それぞれの役割について解説します。

突撃班

突撃班の役割は、「自分の一番得意な戦術で、初見全壊狙いで早めに2回攻める」ことです。
2回初見全壊して☆6を取れれば最高ですが、もし失敗してもそれに続いて非初見で攻める全壊班の為に、罠をなるべく暴くというのが重要な使命です。攻める前に後に攻める全壊班とBANDで入念にプランを練ります。
基本は下位に位置する攻撃力が比較的低い人(ユニットレベル、ヒーローレベルが低めの人)が適任ですが、今回は事前のメンバーでの5vs5の紅白戦で戦績が振るわなかった調子の上がらないメンバーも含め、3人選出しました。

全壊班

突撃班のプランニングをフォローし、突撃班と遊撃班が取りこぼした非初見の村を攻めて全壊を取ることが全壊班の役割です。そのため2回とも後半に攻めます。
向いているのは「細やかで正確なプランニングが得意な人」「非初見の全壊率が高い人」です。
基本は攻撃力が中位にあたる人が担うのが最適な役割ですが、しゃにむにで最も全壊率の高いヒーローカンストのfumiと、BK10 AQ16とヒーローレベル低めにもかかわらずカンスト級を全壊できるほどキレキレのゴレホグをみせていたStrikeを思い切って起用しました。こちらも3人です。

遊撃班

1回目は全壊の可能性が高いところから初見全壊狙いで攻め、2回目は状況に応じて臨機応変に攻めるのが遊撃班の役割としました。
基本は攻撃力(ヒーローレベル)が高い上位が担います。突撃班よりも確度の高い初見全壊狙いと、確実な回収の両方が求められるポジションです。
私含む4人を任命しました。

各班が見事に連動

メンバーは役割分担を理解し、ルールに沿って序盤戦を展開。
突撃班が計6回の攻めで2つの全壊を取り(勇者オワタ初見2全壊と攻撃でも大活躍)、4つの村の罠を暴いてくれました。
遊撃班は1回目のアタックで2つの全壊と2つの罠暴き、これで中盤までに全ての村の初見攻めを終えます。
残る全壊していない村は6つ。ここに満を持して全壊班が攻撃を開始します。
どの村も罠はほとんど暴いていました。細やかなプランが初見殺しのテスラや外巨爆につぶされることはありません。

好調のStrikeが突撃班のゴレホグをなぞり全壊。空攻めが得意な昌景がハイブリッドで全壊。エースfumiがビッチ+ペッカという相手の配置に対応した特殊編成で全壊。
残る3つの配置を遊撃班の1人のハイブリッド、Strikeのゴレホグ、fumiのビッチで全壊。相手もパーフェクトに王手をかけた緊迫した状況で、なんとかパーフェクトを達成しました。
3人の全壊班は非初見村を実に6回攻めて5回全壊するという高い全壊率で起用に応えてくれました。
かくしてこの役割分担を明確にするという試みは大成功を収めたのでした。

チーム力を最大限に引き出すには

役割分担を明確にし、全員が定められた役割をまっとうすることで勝利することができました。
効率よく全壊が取れたのは各メンバーの適材適所の分担ができたからでした。でも成功要因はそれだけではありません。
このやり方というのは信頼関係が築けていないメンバー同士でやっても与えられた役割に不満が出たり、ルールを逸脱して攻めるメンバーも出てくるかもしれません。
今回の成功は日頃のコミュニケーションで育んだ信頼関係とメンバー同士の相互理解(得意不得意やその時の調子の把握)があってこそだと思っています。
そしてガイハジ祭りに向けて参加メンバーで事前に5vs5の紅白戦を行いモチベーションを高め、みんなが同じ方向に向いて一丸となったからこそついてきた結果です。
チーム力は良好なコミュニケーションと信頼関係、そして熱量が引き出すということを再認識しました。だからクラクラは面白い!

普段ガチでクラン戦をやっていないクランの皆さんも、たまにガチでチームワークを意識して戦ってみると、新たな楽しみを見つけるきっかけになるかもしれません。
是非お試しください(^-^ゞ


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

再訪の際は「クラクラnavi」で検索!

コメント

  1. Jam より:

    とても考えられていて、且つチームメンバー全員で共有できている感じが伝わってきました。主催者でありながら(私が主催しているわけではない)ウカウカしてられないなと、マッチングした際はよろしくお願い致します。
    リーダーとして頑張りすぎず、頑張ってほしいです!!

    • fixa より:

      Jamさんコメントありがとうございます(^-^ゞガイハジ祭り毎月楽しませてもらっています。小さなクランでも出れる裾野の広い最高のイベントです!いつかガイハジさんとマッチングして勝つことを目標に頑張ります(^-^ゞ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。