【クラクラ】リプレイ動画をどのようなスタンスで観たら良いのか?

youtube

巷にクラクラのリプレイ動画が盛んにアップされるようになりました。
確かに情報が多いことは良いことですが、ただやみくもに「観る」だけではなかなか上手くなりません。

なぜなら動画単体(音声・解説なし)には重大な情報の欠如があり、それが情報を吸収する上での妨げとなるからです。
そのようなことを下記から詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

配置と編成の答えの理由を考える:

一般的に、動画の情報は星3が取れたという結果です。

しかし重要な視点、その配置に対してなぜその編成にしたのか?という過程の部分がわからない(語られない)ことが多いです。

音声解説付きの動画やブログで解説がある場合を除いて、その理由は自分で考えなければいけません。

なぜなら、配置に対する編成は一つ一つ違うものになるはずで、いわばその配置にオーダーメイドされたものだからです。

そのためその情報(その配置に対してなぜその編成を行ったか?)が欠落している限り、その編成だけ真似しても同じように星3つを獲得することは難しくなります。

必要なのは一つ一つの配置に対する最適解=編成の考え方だからです。

ここまでのまとめ
動画からそぎ落とされてしまっている視点の欠如により、情報を100%吸収できない。

「良い攻め」を肌感覚で吸収する:

編成だけでなく、攻め方(戦術)に関しても自分のレベルでは分からないことは動画で観てもわかりません。
言い換えると、現段階での自分の知識以上のテクニックや思考は模倣することができません。

そこで、わからないをわかるようにするためには自分とその動画リプレイとの相違点をチェックすることです。

きっとその攻め方の中に星3を獲得するに値する思考プロセスが隠れているはずなので、一つ一つ自分との違いを明確にすることで「良い攻め」を肌感覚で覚えることができます。

あとはその肌感覚で覚えたことを、忘れないうちにトライ&エラーで自分の中に落とし込むために実践の場で試すことにより、実戦で使えるスキルとなります。

ここまでのまとめ
欠如した情報を自分なりの推理で補う(わかるようにする)。
そのためには自分と動画のリプレイを比較しわからない部分を炙り出し、わかった体で実践してみる。そのうちの上手くいった部分が実際のスキルとなる。

実際にわからない動画を観てみる:

抽象的な話ばかりとなってしまったため、ここで具体例を取り上げます。

たとえば上記動画はth10から陸攻めや空攻めハイブリッドで星3を取りまくる動画となっていますが、肝心の解説がないために私にはその編成の考え方やアタックの「なぜそうしたのか?」という部分がさっぱり伝わってきません。

それが100%理解できるのはおそらく全壊した本人だけではないでしょうか。

美術館で抽象的な絵画を観ているようなもので実のあるスキルが身に付かないし、当然この動画を観たからといって「明日からth10から星3取れるぜ!」ということにはなりません。

そういった視点の欠如が上記の事例でした。

スポンサードリンク

自分で発見する面白さ:

クラクラの一つの楽しみ方として、自分で何かを新しく発見することがあります。

そのような開拓する楽しみ方を基本的にはしつつ、熱心な方は動画等で新たな視点を獲得するために模索してみてもいいかもしれません。

まとめ:

  • 動画だけでは伝わらない情報(その編成の考え方・攻め方)がある
  • 自分のスキルとするためには、その見えない考え方を吸収する必要がある
  • 実践を通して一つずつ「なぜ?」を解決して初めて使えるスキルとなる

わかり易い解説付きの例:


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

再訪の際は「クラクラnavi」で検索!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。