【クラクラ】th9からth10への上げ時(タイミング)は?

th10へのタイミング

タウンホールを9から10に上げるタイミングって悩みますよね。

逆行することはできないので、th10にしてしまったらth9には戻れません。そのため、慎重にタイミングを考える必要があります。

区切りを決めるとするならば、ヒーローのカンスト(ババキン・アチャクイ共に30Lv)や、レゴ壁(Lv9の壁)カンスト、もしくは猛者になると火壁(Lv10の壁)カンストしてから上げるという方もいます。

しかし、th9といえばクラン戦の花形。
この時期が一番楽しいという人も多く、th9カンストのままずっと粘る人もいるほど人気なthレベルです。th9が楽しいだけでなく、th10の全壊難易度がth9と比べてかなり難しくなるというのもth9に留まりたくなる大きな要因でしょう。

以下から、ややクラン対戦重視の目線からどのタイミングで着工すればいいのか考察します。

スポンサードリンク

遅上げマッチングが不利に

2015年4月30日のアプデにより、「高レベルの壁やヒーロー、スケルトントラップなどが与えるクラン対戦のマッチングへの影響が変わった」ことが理由として挙げられます。
ソース:公式フォーラム

これまでは壁カンスト、ヒーローカンストしててもあまり対戦マッチングに影響はありませんでしたが、加味されるようになりました。

それによりいわゆる遅上げと呼ばれる、壁やヒーローレベルをカンストしてからthを上げる場合のマッチング条件が不利となります。th9の遅上げは相手にth10を招いてしまうという風に。

そのため、防衛設備の火力重視で早くインフェルノタワーが欲しいという方は戦略的にヒーロー・対戦ユニットを優先的に育てておき、設備はそこそこのいわゆる「戦略的早上げ」をしてしまってもいいかもしれませんね。

th9の全壊難易度が下がった

2015年末の大型アプデ(闇呪文寄付・戦闘時間30秒延長など)により、th9の全壊難易度が下がりました。

そこで、ヒーローがカンストしている状態では全壊が余裕すぎて物足りない、もっと強敵と相見えたいという人はth10への着工をしてもいいのではないでしょうか。th10の難易度も、以前ほどの超困難から困難くらいには落ちていると思われるので、腕に自信があるならば上げるのもありかなと思います。

しかし、th10のデメリットとして新ヒーローが今のところいない点が挙げられます。グランドウォーデンはth11からですし(2016年1月現在)、もし調整が入ってこのヒーローがth10から使えるようになったら私は上げることを考えます。現状ですと、th10は防衛設備ばかりが強化され、攻撃面がやや弱いところがネックですね。

壁カンストにかかるコストは?

壁のカンストにかかるコストはどれくらいでしょうか。

火壁の場合は300万の壁が250個ですので、カンストまでに7.5億かかります。

その手前のレゴ壁においては、100万ですので2.5億でカンストです。レゴ壁ならば1日に2枚のペースで塗れば、125日でカンストします。

壁は、せめてレゴ壁カンストの状態でth10にすることをおすすめします。理由の一つとして、2014年9月のアプデによりエリクサーでもレゴ壁が塗れるようになり、以前のプレイヤーより実質2倍早く塗り終えることができることもあります。

さらに、火壁はやりこみ要素という意味でかなり高額(1つ300万)ですが、レゴ壁までなら現実的なプレイで塗り終えることもできますから、対戦で防衛するにはレゴ壁まで塗っておくのが良いです。

スポンサードリンク

ヒーローカンストにかかるコスト(ダクエリ)

ババキン(Lv10から30)…1,850,000
アチャクイ…2,357,500

合計4,207,500ダクエリ。
1日に1万ダクエリずつ稼げば、420日でカンストです。

ヒーローは、後半はかなりやりこみ要素といえますが、Lv20・20くらいは頑張っておきたいところです。

th9の全壊戦術の多くはヒーローレベルに依存するところが多く、特にゴレラヴァのハイブリッド戦術などはクイーンのレベルが20~必要になります。クイーンにヒーラーを付けるクイヒー戦術もこのあたりから使えるようになり、2015年末の大型アプデ以後はクイヒー無双が巻き起こっています。

th9の対戦で活躍したいならば、クイーン20・ババキン15は最低確保しておきましょう。

しかし合計35レベル程度ではth9では活躍できても、th10では通用しません。やはりth10でもある程度活躍したいのであれば、資源がth10と比べて稼ぎやすいth9のうちにカンスト(30・30)にしておくのが良いですね。

データ参考:

まとめ

ベストなタイミングとして、設備・研究のアプグレを終えているのはもちろんのこと、最低レゴ壁カンスト、ヒーローはクイーン25以上、ババキン20以上のタイミングでth10に着工すれば、少なくとも後悔することは少ないのではないかと思います。しかしあくまで目安ですので、全壊プレイヤーとして活躍したいならばヒーロー30・30はもちろん、火壁まで塗るのがベストです。

ヒーローと壁どちらのカンストが早いか?という問題ですが、ダクエリ重視でマルチで稼いでいればヒーローの方が先に終える場合が多いようです。

ヒーローを先に終えるメリット
ゴールドやエリクサーを溢れさせずに壁に使えること。対戦援軍や寄付でダークエリクサーは使うことが多いと思うので、多少溢れさせても贅沢に使えますが、ゴールドは溢れてしまっては使い道が限られ、ストレスを溜めてしまうかもしれません。さらにヒーローを先に強化しておくことで、より強力なアタックが可能となり、マルチで多くの資源が獲得できます。

クイーンのレベルが15程度からぎりぎりクイヒーを使うこともできますので、効率重視ならば先にクイーンを30にしてしまい、ババキンは後から一気に上げる戦略もありですね。

しかし最終的には個人のプレイスタイルによりますので、クラクラ熱が冷めないように楽しめる範囲で最適なタイミングを目指すことが大切です。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

再訪の際は「クラクラnavi」で検索!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。